医療脱毛の医療レーザーや針脱毛とは

脱毛効果や安全性が高い、医療脱毛は、エステサロンとは違い永久脱毛を行うことができるのが特徴で、完了までの期間が短く、最近ではエステサロン波の格安プランがあるクリニックもあり、人気を集めています。

脱毛というと、エステサロンや脱毛サロンで行うものと思っている人も多くいますが、エステサロンで使われているレーザー機器は、出力が低く、毛根を破壊するほどのパワーはありません。そのため、脱毛が完了するまでには数回の照射が必要となり、毛周期にあわせて施術を行うため、長期間必要となります。

一方、医療機関で行う医療レーザーやニードル脱毛は、高い脱毛効果があり、何よりも医師による施術のため、安心感があります。医療脱毛の一種である医療レーザー脱毛は、毛の黒色を感知して、皮下の毛の色や黒いメラニン色素に集中的に熱を加えて毛根を破壊していきます。

そのため、肌やその周辺の細胞を傷つけることなく、毛の再生が遅くなったり、再生できなくすることが可能となります。脱毛の施術は、一度で終わることはなく、毛周期のうちの休止期にある毛にはレーザーの効果が期待できませんから、成長期になるまで待つ必要があり、完了までには数ヶ月~1年以上かかることもあります。

一方、ニードル脱毛は、毛穴一つ一つに針を刺して電気を通して毛根を破壊していくため、永久脱毛が可能で、もっとも効果がある脱毛法と言われています。ただ、ニードル脱毛は痛みが強く、耐えられない人もいますから、これから医療脱毛を受けようと思っている人は、メリットだけでなくデメリットやリスクもきちんと理解しておくことが大事です。
銀座クリニックで医療脱毛をするならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *