美容皮膚科で行われる治療

年齢を重ねるにつれて、シワやたるみなどの肌トラブルが目立っていきます。

毎日のスキンケアに力を入れても、なかなか解消することが難しいです。美容皮膚科では、そんな悩みを解消するアンチエイジング治療としてVビームという施術を行っています。これは、肌の繊維芽細胞を活性化させる働きがあるレーザーを肌に照射する治療のことです。そもそも繊維芽細胞とは、肌にコラーゲンを分泌する働きがある場所です。この部分をレーザーで刺激することで、コラーゲンの分泌を促すことができます。

そのため、お肌にハリを持たせたり、小じわの改善、毛穴の引き締め、くすみに有効といえます。アンチエイジング効果を得るには、1ヶ月に1度のペースで4、5回くらい治療を受ける必要が有ります。このVビームは、1回の施術で一万円と安いです。また、施術後のダウンタイムもあまりないので、たくさんの女性に人気が有ります。美容皮膚科のVビームは美肌効果が高いですが、施術後に注意点が有ります。

まず、美容皮膚科の治療後には稀に内出血で患部が紫色に変色するケースが有ります。内出血があるときは、患部をこすったり引っ掻いたりしないほうが良いです。もしも傷付けてしまうと、肌に傷跡や色素沈着が付く可能性があります。また、施術後は肌がとても乾燥しやすくなります。きちんとお手入れしないと、シワ、くすみなどのトラブルになります。なので、洗顔後には保湿効果の高い化粧品でケアすることが大事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *