レーザー脱毛のメカニズムとは

美容クリニックなどで使用されるレーザー脱毛は、毛を製造する毛母細胞を破壊することが出来ます。

照射されたレーザーは毛穴から見える黒い色に反応し、黒い毛に吸収されて熱を持ち、周囲に熱を広げます。この熱で毛母細胞を破壊し、結果として毛を生やさなくすることが出来ます。そのためレーザー脱毛を用いた脱毛方法は永久脱毛と呼べる脱毛方法なのです。では産毛の様な黒くない毛にレーザー脱毛を適用することは出来るのでしょうか。残念ながら黒くない毛にはレーザー照射を当てても反応を得ることが難しく、脱毛には向いていないとされています。

しかし美容クリニックでもうぶ毛の様な色の濃くない毛の脱毛をするマシンもあるので、カウンセリング時に相談してみると良いでしょう。またレーザー脱毛は黒い部分に反応するので、脱毛したい部分にシミやほくろの様な色素沈着があると上手く機能しない場合があります。具体的な部分では乳輪周辺や肛門周辺など、色素沈着がある部分には向いていません。

どうしても脱毛したいというのであれば、やはりカウンセリング時に相談して計画すると良いでしょう。先述しましたがレーザー脱毛は毛母細胞を破壊することで脱毛をさせることになり、細胞を破壊することは医療機関でしか行えないと定められています。そのため美容サロンで永久脱毛をすることは出来ないので、注意しましょう。また細胞を破壊する、ということで脱毛の際に痛みを感じる人もいますが、医療機関で行う脱毛なので、痛みに耐えることが出来ないなら医師に相談し対応策を取ってもらうことも出来ます。

銀座でしわ治療するならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です