専門クリニックでのレーザー脱毛について

脱毛サロンやエステサロンの脱毛よりも、効果が高いことで知られているのが、美容クリニックなどの専門クリニックで行われている医療レーザー脱毛です。

レーザー脱毛の施術で使われる医療レーザーは、波長の長さによって、特定の色に反応します。この性質を利用したのが、レーザー治療です。医療レーザー脱毛では、レーザーが毛の黒い色に反応して、メラニン色素に熱を与えて組織を破壊することで脱毛します。黒い色に反応するので、周りの細胞を傷付ける心配はありません。皮膚にレーザーを照射すると、皮膚の下の毛に熱が吸収されます。

そして、毛包全体に熱が伝わって、毛母細胞が破壊され、毛の再生ができなくなります。医療レーザーを使ったレーザー脱毛は、1度では終わりません。人間の毛には、成長期、退行期、休止期というヘアサイクルがあります。ヘアサイクルの中の、休止期の毛には、医療レーザーの効果はあまり期待できないのです。毛包がヘアサイクルのどの時期なのかは、毛包ごとに違うので、ひとつの部位で複数回のレーザー照射が必要となるのです。

ですから、脱毛が終わるまで長期間かかることもあります。医療レーザー脱毛に向いていると言われているのが、ワキやVライン、手足の太い毛です。同じ部位であっても、生えてから一定の期間が過ぎた太い毛の方が、脱毛効果が期待できます。医療レーザーによる脱毛は、皮膚の状態や体調によって、施術を受けることができないケースもあります。

東京で医療脱毛するならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です