Skip to content

ケレップの劣化による蛇口の漏れを修理するには

ハンドルをしっかり閉めても水が蛇口から漏れてしまうのを修理するには、地域の指定を受けている工事店に修理を依頼するとスムーズに直してもらえる可能性があります。

しかし様々な問題が起こることのある水回りのトラブルの中でも、蛇口の漏れの修理は軽微な物であれば自分で直すこともできます。たとえばハンドルを固く締めているのに。吐水口から滴るように水が垂れてくること経験をしたことがある人は多いでしょう。このようなときには部品が劣化していることが原因である場合があり、そのようなときならば自分で直すことも可能です。

ホームセンターや地域の水道工事店では交換用のケレップを販売していることが多くあります。このケレップを交換することで、締めても滴る蛇口の漏れの修理ができるからです。自分で交換をする場合には、単水栓であればハンドルを取り外してその下にあるケレップを新品と交換しましょう。

水道によっては単水栓でなく混合栓の場合もありますが、こちらもハンドルを外したら、キャプナットやスピンドルの下にあるケレップ交換します。経年によりケレップは劣化してくるので、それによってハンドルを閉めても水が垂れることがあり、そのために蛇口から水が漏れてるなら修理はこのように比較的手軽にできます。とはいえ用具が必要となり、面倒に思われることもあるでしょう。そのようなときにはプロに依頼すると楽に直してもらえるので、地域の工事店に依頼するとスムーズです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *