Skip to content

蛇口の水漏れを自分で修理する際に把握しておくこと

日常生活で頻繁に使用する蛇口の水漏れは、よくあるトラブルです。

直面すると焦ってしまいますし、ポタポタ垂れている分の水道代も請求されてしまうので経済的にも気になります。

いざという時のために、自分で修理できる方法を知っておくと安心です。蛇口の水漏れを修理する際には、水栓の仕組みやトラブルが起きている箇所を把握しておきましょう。.家庭で使われている蛇口には、大きく分けて2つの種類があります。レバーが1つだけ付いていて上下左右に動かして水量や温度を調節する「シングルレバー混合水栓」と、冷水と温水それぞれにハンドルが付いている「ハンドル混合水栓」の2つです。

調整ができるシングルレバーの方が若干複雑ですが、どちらの場合も、基本構造は水が流れる道を開閉することで水を流す構造をしているので、理屈に大差はありません。蛇口をしっかり締めても水漏れが起きるのは、ハンドルやレバー付近の部品が原因である可能性が高いと考えられます。.シングルレバー混合水栓の場合、水漏れしやすいのがレバーの下、スパウトまわり、吐水口です。

バルブカートリッジやパッキンの老朽化によるものがほとんどなので、交換するだけで修理ができます。ハンドル混合水栓の場合も、吐水口やパイプの付け根、ハンドル下などに使用されているパッキンやコマを交換することで修理可能です。また、接続部分のナットが緩んでいることも多いので、確認してしっかりと締め直しましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *