Skip to content

パッキンの劣化による蛇口の漏れを修理する方法とは

しっかりとハンドルを閉めたつもりでも、ぽたぽたと水が滴ってくる蛇口の漏れを修理する方法には工事会社に依頼ということが挙げられます。

水道の水が出る仕組みについてよくわからなかったり、直す方法を知らないのであれば工事会社に依頼するのが最も手軽です。しかし直す方法はそれだけではありません。パッキンが劣化したために蛇口から漏れるのを修理するといった簡単なことであれば、簡単な必要な用具や部品を手に入れることができるなら自分で直すこともできます。

ビスで留められているハンドルの下にはキャップナットがあり三角パッキンや座金、さらにスピンドルやコマパッキンがありますが、パッキンが劣化するとしっかりと水を止めておくことができなくなり水がぽたぽたと垂れるようなことになります。古くなったパッキンを自分で交換するときには、替えの部品をホームセンターなどで買ってきましょう。

そして交換することで蛇口の漏れを修理することはできます。しかし交換用のパッキンの他に、モンキーレンチやプラスドライバーなどの工具を用する必要があります。さらに取り外す前には元栓をしっかりと閉めてから交換をする必要がある点も知っておきたいところです。このようにパッキンを交換して蛇口の漏れを修理するのは、今まで自分でおこなったことがないと手間がかかり面倒に思われることも少なくありません。そのような場合には費用は多くなっても、自治体指定の修理会社に依頼する方が早い可能性もあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *