Skip to content

蛇口の水漏れ修理は決して難しくない

長年使ってきた蛇口から水が常に垂れている状態なら、経年劣化を起こしているのですぐに修理が必要です。

蛇口にはいくつかの種類があるため、水漏れを起こしている水栓がどのタイプなのかを把握する必要があります。家庭でよく使われている水栓は、ハンドルが一つで水しか出ないもの(単水栓)、水とお湯のハンドルが分かれているもの(2ハンドル混合水栓)、一つのレバーを左右にひねることで水とお湯を使い分けるもの(シングルレバー混合水栓)の3タイプです。

また、水栓のどの箇所から水漏れが起こっているかを確認しなければなりません。多いのは、ハンドルの下側から水が垂れているケースです。他にも、水の出る吐き出し口からの水漏れも多いです。壁とハンドルの間の部分や、壁との接合部分から水が滴り落ちるケースもあります。蛇口の修理は素人ができないような難しい作業はあまりありません。

壁との接合部分からの水漏れの場合は、DIYが得意でない人は修理会社に依頼する方が良いと言えますが、基本的にはドライバーやレンチでネジを開け、中にある劣化した小さな部品を新品に交換して元に戻すだけのことです。2ハンドル混合水栓を例に挙げると、赤や青の印の部品を外すとネジがあるので、それをドライバーで緩めて外し、ハンドル部分を取り外します。内部には小さな部品がいくつか重なってセットされているので、どの部品が傷んでいるかを確認し、ホームセンターなどで新品を購入して交換します。作業前には必ず止水栓を閉めることを忘れないようにしましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *