Skip to content

トイレのつまり・水漏れの原因と対処法

トイレで水を流したら、水位がみるみる上昇して焦った。

便器にいつまでも水が流れ続けていて不安。そんな経験はありませんか?日常生活に不可欠な水回りのトラブルは後回しにすることができません。簡単な対処で解決できるトラブルもありますが、素人には難しいトラブルも多く、必要に応じて業者への依頼を検討しなければなりません。トイレのつまりの原因として多いのが、紙づまりです。一度に大量のトイレットペーパーやお掃除シートを流そうとして、すべて流しきれなかったケース。

そして、便や異物によるつまり。トイレに置いてある小物や芳香剤の一部などを知らず知らずのうちに落とし、それにトイレットペーパーが絡まりつまってしまうケースです。ちょっとした紙づまりであれば、水を高いところから流して水圧を上げることで流れることがあります。より効果が高い方法としては、ラバーカップ(スッポン)を使う方法、ビニル袋を腕にはめて便器に突っ込むという方法が挙げられます。

トイレのつまりに比べてわかりにくい水漏れは、原因としてパッキンの劣化、ネジのゆるみ、便器のひび割れ、ウォシュレットの破損などが挙げられます。ちょっとした機構の引っ掛かりにより生じている水漏れであれば、その部分を直すだけで漏れを止めることができますが、配管からの水漏れは対処が難しくなります。慣れない人が行って部品を傷つけてしまうこともあるため、専門の業者に依頼するのが適切な対処となるでしょう。
水漏れやつまりのことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *