Skip to content

家を長持ちさせる水漏れやつまりのメンテナンス

水漏れやつまりなど家の水回りの設備、あるいは配管のトラブルというのは、老朽化の症状のうちの一つです。

毎日使用する箇所だから、家の中でも劣化が進みやすい部分です。家を建ててからトラブルが起き始める目安として10年という期間が用いられることが多いですが、10年経つ前に発生することも多々あります。だから、5年ごとに水回りの調子を確かめたほうがよいでしょう。家で目に見える部分の劣化であればすぐに問題を把握して対応できますが、水回りの水漏れやつまりは、目につきにくい箇所で発生することも多いです。

だから、定期的にチェックを行うことで、思わぬトラブルを避けることが可能です。家には点検口が設けられ、見えない部分の配管などを確認することができる場所があります。しかし、点検口から見ることができる部位も一部だけです。壁の中の配管は点検口などがなく、チェックできない場合があります。そうした部分のチェックを行うときには音を聞いたり赤外線を使ったり、内視鏡カメラを使って管内の調査をするなど、いろいろな調査方法を駆使することが重要です。

水を使っていないのに水の音がしたりいつでも湿気を帯びていたりするとき、水道メーターがいつでも動いているときには水漏れがあり、つまりの時には流れにくいとか異臭がするといった状況から早期に発見できることがあります。少しでもおかしいと感じたら、早めにチェックやメンテナンスの依頼を行って、対処しましょう。細やかにメンテナンスを続けていくと、家を長持ちさせることにつながります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *