Skip to content

キッチンの水漏れやつまりの原因

キッチンは水漏れやつまりがよく起きる場所ですが、水漏れだと蛇口やシンク下からのパイプから漏れだすことが多いです。

つまりなら大体は排水溝からでこれは主に汚れによって引き起こされて、油や食材のカスなどが詰まって起きます。調理の時に出る食材のカスなどは、野菜や果物の皮をむいたときの切れ端や、種や切り落とした肉の余分な脂身などです。本来は三角コーナーへ捨てるものが、シンク内へ残ってしまい流した水と一緒に排水溝へ流れると水漏れやつまりを起こします。

少しぐらいなら流しても平気と感じますが、その少しが何度も繰り返されると排水溝の内部を食材のカスが埋め尽くしてしまいつまってしまいます。基本的には排水溝にはごみ受けかごがあってネットをしていることも多いので、大きな食べかすは排水溝の奥には流れないようになってます。ごみ受けかごがない場合や、設置していてもズレていて隙間があいていると排水管が詰まる恐れもあります。

手間はかかりますが調理をするときは、野菜などの皮や肉の脂などの切れ端などカスが排水口へ流れないように丁寧に取り除いてからごみ箱へ捨てることが大事です。簡単に出来ることでキッチンの排水溝のつまりや水漏れなどは未然に防ぐことが出来ます。漏れだと蛇口から起きているなら、大体はパッキンの劣化などが原因で、この場合は部品交換だけで直ることもあります。それほど難しい作業ではないので自分でも出来ますが、難しいなら業者へ依頼してもいいです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *