Skip to content

京都の浴槽つまりを解決

京都の浴槽つまりに有効な処理方法は、まず浴槽つまりの原因を考えてみることです。

バスルームの排水口は浴槽内と洗い場の2箇所にあり、浴槽内の排水管も地下で洗い場の排水管に接続して1つに合流しています。京都に限らずこの排水管は汚れた水や悪臭が逆流しないように工夫され、複雑な構造を持っています。そのひとつに排水トラップという常に水が溜まっている部分があり、非常にありがたい存在なのですがここに汚れが溜まり易いという弊害もあるのです。

日頃バスルームを使うたびに人の身体から剥がれ落ちた皮膚や髪の毛などが蓄積していき、水の流れを阻害している可能性があります。浴槽つまりを解決するには、常日頃から掃除を心がけることが一番ですが、あまり見たくない場所でもあり汚れが溜まってある日突然水が流れなくなる状況が発生します。排水トラップの汚れが浴槽つまりの原因であれば、難しい道具をよういすることなく掃除ができます。

道具としては歯ブラシと長めのゴム手袋、捨てる直前のスポンジに髪の毛を取り除くための割り箸等がある戸便利です。排水トラップは排水カバー・ヘアキャッチャー・排水筒・排水ピースの部品からなり、これらをすべて取り外します。一つ一つを丁寧に洗い、トラップ内部の汚れもきれいにすることが重要です。これでも流れが改善しない場合には、その奥の部分に問題が発生している可能性があります。その場合には下手に手を出して悪化させないように、京都の水道業者さんに依頼をしましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *