Skip to content

トイレがつまりや漏れを起こしたときの対処法

トイレは毎日使う場所のため、住宅設備の中でも故障率は高い場所といえます。

そんなトイレの故障の代表なのは、水を流した際にあふれ出てしまうつまりそして便器の水が床に広がる漏れです。これらの問題を放置するとトイレが使えなくなるだけでなく、基本的に不衛生な場所なので有害な雑菌が繁殖し健康被害につながってしまいます。実際につまりや漏れが生じた時には、出来る範囲で対処することが望ましいです。最初に行うことは事前準備として、トイレの水に触れないようにゴム手袋と長靴を用意します。自宅の水道栓を完全に止めることで、現状以上の被害を抑えます。そのうえでつまりが原因の場合には、目の前に原因が見えている場合には吸着具を使って取り除きます。そして目に見えない場合には原因が奥にあるので、原因を溶かす液剤を使った後の洗い流すとよいです。漏れが原因の場合には、配管から漏れているのかそれとも便器から出ているのか把握します。

配管が原因の場合には、ゴムパッキンを新しいものに付け替えて再設置するとよいです。そして便器の場合には、市販品に専用の接着剤があるので塞いだ後に水を流してみて何事もなければよいです。ただこれらの修理をする場合には自己責任であり、知識がない人間が行えば症状を悪化させてしまう恐れがあります。そして仮に知識があっても直せるのはあくまで状態が軽度までであり、経年劣化や素人が見ても原因がわからない場合には対処しようがないので修理業者に連絡するほうが安全です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *