Skip to content

水回りのトラブルについて

水回りのトラブルは生活している上であると思いますが、賃貸物件で築年数が経過しているものは注意が必要だと思います。

特に空室期間がある物件は注意が必要です。コンスタントに入居者が入っていればその都度メンテナンスが入っていると思いますが、空室期間があるとその間はメンテナンス作業はほとんど行われず、入居が決まって再度メンテナンスをすると思いますが、確認した時は特に問題が無くて入居して暫くしてから、トラブルが出てくる事が多いです。原因は経年劣化です。水回りの部品はゴム製品の物が多く、ゴムは時間が経つと酸化し固くなっていったりします。

当然固くなったゴムは切れたり、割れたりしてトラブルの原因になります。入居してすぐだと大家さんにも言い易いかとは思いますが、トラブルは使っていて徐々に出てくるので、半年もしくは1年後に出てきたりする場合もあります。じゃあ自分で何とかしようと思いますが、工具が特殊だったり、構造が分からなかったりして素人がなかなか手を出せないものだったりです。

専門の会社に頼むと一律の料金でしてくれる場合もありますが、部品全部の交換というのは稀で、来て5分ほどの作業で、解決という事もあるので、何か腑に落ちない気持ちになったりします。賃貸物件に住まれる方で引っ越しを考えている方は、そういった水のトラブルに悩まされないように、内見する時に確認したり、入居前に交換を依頼するなどの対策をとっておくことをお勧めしておきます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *