Skip to content

排水口つまりを京都で予防する

京都の台所の排水口つまりは早めに対処することが大切です。放置しておくとさらに大きなトラブルに繋がってしまうこともあるので注意しましょう。水の流れが悪いと感じたらパイプクリーナーを使ってみるのがおすすめです。排水パイプは急に流れなくなるわけではなく、少しずつ流れが悪くなっていくことが特徴です。

そのため、そのまま使い続けてしまう人もいるかもしれません。しかし、京都の台所の排水口つまりは症状が悪化すると解消するのが難しくなります。放置しておくと汚れが固まってしまい、市販のパイプクリーナーでは解消できなくなるかもしれません。そこで汚れが柔らかいうちにきちんと対処しておきましょう。

メンテナンスの頻度は一緒に住んでいる家族の人数によっても異なりますが、だいたい週に1回くらい行うのがおすすめです。京都の排水口つまりを自宅で予防する方法を確認しておきましょう。台所のシンクはさまざまな形状のものがありますが、蓋は持ち上げるだけで簡単に取り外すことができます。蓋を持ち上げるとゴミ受けが見られるため、このゴミ受けも持ち上げて外していきます。

ゴミ受けを外すとトラップと呼ばれる部分が見えます。この部分には水が溜まるようになっており、臭いや虫を防ぐという役割があります。しかし、トラップは小さいので爪楊枝などが流れるとつまりの原因になってしまうということです。トラップの部品は反時計回りに回して外しましょう。

中央に穴が空いているのが分かったらその中央の穴にパイプクリーナーを入れていくようにします。パイプクリーナーはアルカリ性であり、排水パイプの汚れをしっかり分解してくれます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *