Skip to content

排水口つまりを京都で直す方法

京都で排水口つまりを解消したいという人もいるでしょう。道具を使った方法もありますが、特に道具はなくても解消する方法はあります。それが重曹とお酢を使った方法であり、そこにお湯を流すことで京都の排水口つまりを効率よく解消することができます。重曹を排水口に振りかけたら、その上からお酢を流し込むだけです。

そして、一時間程度放置したらお湯を注いでつまりを流していきましょう。この方法は排水口を触る必要がありませんし、とても簡単な方法です。しかし、排水トラップにつまりが発生している場合、分解して掃除をする必要があります。排水管の入り口には排水トラップと呼ばれる部品がついています。

これは臭いなどを防止するための部品ですが、この部分に汚れがついていると京都の排水口つまりの原因になります。つまってしまうと水が流れにくくなってしまうため、排水トラップを分解して掃除することになるでしょう。ですが、掃除といってもそこまで難しいわけではありません。単純な構造をしているため、ゴム手袋とスポンジ、洗剤を用意するだけで大丈夫です。

まずは排水口のカバーを持ち上げて外します。そして、ヘアキャッチャーと排水トラップは反時計回りに回して外しましょう。外した部品を綺麗に掃除をすることにより、軽度な京都の排水口つまりなら解消されます。また、排水口内部にも汚れが溜まっているため、こちらもスポンジなどで掃除をしましょう。

排水管部分の汚れについてはパイプ洗浄剤などで掃除するのがおすすめです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *