工場の排水処理の問題は、工場を建設する上でも慎重に判断しなければなりません。排水を処理するというのは、工場で汚れている水を、外に排水しても問題ないように処理してから排出することを指します。工場では様々な方法で水を使用しますが、中には排ガスの汚れを取るために使用することもあるため、適切に処理することが必要となるのは事実です。環境を汚染しないようにするためには、汚れた水をきれいにするためある程度定めた基準が存在しています。

汚れを増やさないようにすることで、地球環境をできるだけ守れるようにすることが必要だからです。とはいえ、具体的にどんな方法で汚れを落としたらいいのかわからない人も少なくありません。基本的には汚れと水を分離して排出する補法と、汚れた成分を分解して、ただの水にして排出する方法が存在しています。一般的に分離の方法とされているのは、汚れを水中に沈殿させて上澄みのきれいな水を排出することです。

汚れの部分は別の場所に処分することで、環境への負荷を抑えることができます。ただし、油などの水より軽い成分を分離する場合には、汚れを吸い取る膜や活性炭などを使用して除去することが大半だといいます。対して分解という方法は、微生物を含む汚泥に水を通して排水処理する方法もありますが、食品工場などの有機系の汚れを含んでいる排水に使用されることが多いです。排水処理をするにしても成分ごとに大きく異なるため、事前に確認してから利用することが重要といえます。