脱臭装置の仕組みにはさまざまな種類があります。まず、換気希釈法はにおいを含んだ空気を外へと換気したり、無臭の空気を混ぜてにおいを軽減する、といったシンプルな方法です。オゾン酸化法は、オゾンによりにおいのもととなる物質を酸化する方法です。光触媒法は酸化チタンを触媒とし、紫外線を照射することでにおいのもとを分解します。

吸着法は活性炭素などの吸着剤に、においのもとを吸着させることで脱臭を行います。そのほかにも、消臭剤によって脱臭を行う消臭剤法、次亜塩素酸によって脱臭を行う次亜塩素酸法などが挙げられます。家庭用の脱臭装置にはさまざまな種類があり、メーカーによって採用している脱臭方法が異なります。そのため、脱臭の目的ごとに、適切な脱臭方法を採用している脱臭装置を選択するべきです。

例えば、オゾン酸化法は壁などに付着した頑固なにおいのもとを除去するのに向いています。なぜなら、においのもとを装置内に吸い込む必要がないからです。フィルターや吸着剤を交換するのが面倒、という場合は光触媒法を採用した脱臭装置がおすすめです。光触媒法であれば、ほとんど内部の触媒フィルターを交換する必要がなく、日々の運転が楽だからです。

業務用の脱臭装置を選ぶのであれば、そのランニングコストに着目する必要があります。例えばオゾン酸化法は空気中の酸素から生成したオゾンで脱臭を行うため、電気代以外のコストがかかりませんが、次亜塩素酸法の場合は運転のたびに次亜塩素酸または塩化ナトリウムを投入しなければならない、といったコストがかかります。